Fried Pride specialguest 佐藤竹善
類まれなる歌唱力を持つヴォーカリストShihoと超絶技巧を持つギタリスト横田明紀男の2人からなるジャズユニット。
 2001年9月、日本人初の米国コンコード・レーベルからアルバム「Fried Pride」でデビュー。日本人離れした歌唱力と誰にも真似できないギタープレイで各方面から注目を浴びる。その後、毎年アルバムを発売。2004年8月に発売した4thアルバム「That’s My Way」ではグラミー賞アーティストでもある“マーカス・ミラー”、“ギル・ゴールドスタイン”、“マイク・マイニエリ”と共に作品を制作、発売。 この作品をきっかけに本格的に海外での活動をスタートさせた。現在までに米国ニューヨーク・ブルーノートをはじめ数々の海外公演やイベントに出演。6thアルバム「Musicream」も更なる進化を魅せオリコンジャズチャート3位を記録,楽曲配信アイチューンズにおいては総合チャート9位を記録。その後もライブDVD、ベストCDと発売し、最新作は2014年11月にロックの名曲カヴァーアルバム「EROCKS」を発売した。美女が頭突きで瓦を割り話題となったセゾンUCカードCMソングも担当。

横田明紀男(Gt)
15歳の頃から潮先郁男氏に師事、高校卒業と同時にプロギタリストとしての活動を始める。21歳の時、アルバム「DAY BY DAY」でレコードデビュー。そのギターテクニック&センスを世に打ち出し、トップギタリストとしての仲間入りをする。他に類を見ない圧倒的なテクニックとセンスという枠を越えた感性から溢れ出る・・・ONLY ONEの音・・・は常にJAZZ GUITARシーンのトップを走り続けている。現在Fried Prideの活動を中心にソロ活動も積極的に行っており宇崎竜童をはじめライブコラボやプロデュースやアレンジ活動、「洋服の青山」などCM作家活動も積極的にこなし楽曲提供なども行っている。

Shiho(Vo)
幼い頃よりピアノに慣れ親しみ、高校生の頃からピアノの弾き語りなど音楽活動を本格的に開始し横田と出会いFried Prideとしての活動を始める。JAZZスタンダードからソウル、ポップスナンバーまでソウルフルに唄いこなす。一度聞いたら忘れられないパワーに溢れるシルキーボイス。そして、体中から発信するJAZZスピリッツ・BLUESセンスは彼女の最大の武器であると同時に・・・世界・・・を予感させるに充分な可能性を秘めている。またエキゾチックな表情を魅せる独特な雰囲気も重要なスパイスの一つになっている。2007年BSフジにて音楽番組のMC担当としてレギュラー出演。2008年、2010年とミュージカル「RENT」にも出演した。

佐藤竹善
SING LIKE TALKING のボーカルとして'88年にデビュー。'93年『Encounter』、'94年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。現在まで13枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上300万枚以上を記録している。その活動と平行して'95年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。’07年リリース『INDIGO』は、雑誌『ADLIB』によるアドリブ・アワード2007の国内グランプリを受賞。2013年に25周年を迎えた SING LIKE TALKING の集大成となるオールタイムセレクションアルバム、『Anthology』を、今年2015年2月にリリース。『SING LIKE TALKING “The Sonic Boom Tour 2015”』・『SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 シング・ライク・ストリングス』を行い、15,000人以上を動員。
その他、多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、高い評価を受けている。
2015年7月には、佐藤竹善初のオールタイムセレクションアルバム、「3 STEPS & MORE」・12月には「Your Christmas Day Ⅲ」をリリースし、好セールスを続けている。
2016/08/06 (土) 日比谷野外音楽堂、08/13 (土) 大阪城野外音楽堂で、SING LIKE TALKING、28年目のキャリアにして初となる野外での単独のライブが、ホーン・セクションをフィーチャーして行われ、SING LIKE TALKING デビュー 30 周年に向け、ますます精力的な活動を行っている。