GENKI & SHOHEI Duo
GENKI (dance, percussion & vocal)
11年にキューバ、12年にアフリカギニア共和国、13年より毎年スペイン・キューバに渡 りダンスと音楽を学ぶ。様々なジャンルの要素を取り入れた独自のサルサスタイルを築く。
キューバで最も人気のあるサルサバンドHabana d’ Primeraとも共演。地元鹿児島にてプロデュースしたワールドミュージック&ダンスイベントがドキュメンタリー番組に取材さ れ放映。現在は東京、九州を中心に全国各地で歌やパーカッション、ダンスパフォーマン スにより幅広く活動している。

山木将平(guitar, vocal)
「SAPPORO CITY JAZZ 2010」パークジャズライブ・コンテスト優勝。翌年からプロ活動開始。
1st『NORTH WIND』、2nd『The Next SHOw Time』、3rd『Stand up for yourself』『Round 2』の4枚のオリジナルアルバム、シングル『On the way to...』、ブルースカバー企画の『The Hangover Blues Band #1』をリリース。
・2011年、2012年トロント国際ジャズフェスティバル出演。
・2014年、2015年ジャカルタJava Jazz Festival出演。
・SAPPORO CITY JAZZ SAPPORO MUSIC TENT LIVE2012、2013出演。
・RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012出演。
・中洲ジャズ 2013、2015出演。
・2013 HTB・朝日 ジルベスターコンサート出演。
・2015年「GOYANG INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL」作品「pitch」に出演。
・2015年ミラノ国際博覧会 日本館(EXPO Milano 2015 Japan Pavilion)にて演奏。
・2016年ニューヨークにて開催されたJAPAN WEEKにて演奏。
演奏活動に加えて北海道のPR活動にも力をいれていて、これまでカナダ、ルクセンブルク、イタリア、ニューヨーク、オーストラリア、インドネシア、台湾、香港、韓国などで活動。
TV やラジオで多数楽曲が使用されていて、現在は札幌を拠点に国内外で活動中。