尾崎あゆみ、マルセロ木村、後藤嘉文 Trio  (JAZZ BATA Brazilian Jam)
後藤嘉文(Per)
福岡市出身。ペドロ&カプリシャスのリーダーのペドロ梅村氏に師事。 ペドロ&カプリシャスのメンバーとして活動。その後、2003年キューバ留学。 2005年にはキューバで開催されたCUBADISCO(キューバ最大の音楽祭)に正式 招待を受け出演。2008年渡米。現在のNYラテンシーンを牽引するパーカッショニ ストPedrito Martinezのグループに参加。 2010年にリーダープロジェクトJAZZ BATAを始動、2011年に1stアルバム 『JAZZ BATA』リリース。2015年にはブラジル人パーカッショニストRenato Martinsを日本に招聘し、2ndアルバム『ENCONTRO』をリリース。

マルセロ木村(Gt,Vo)
ブラジル サンパウロで音楽一家に生まれ、幼い頃からギターに慣れ親しむ。 ラテ ンアメリカ最大の演劇・音楽学校にてクラシックギターを学び、若干16歳にして音 楽学校にて指導。ブラジル音楽は勿論、ロックやジャズをクロスオーバーさせた独 自のサウンドスタイルを展開。 名古屋にMúsica&Bar Marceloをオープンさせ、国内外の有名アーティスト(小野 リサ、パウラ・リマなど)とのセッションを届けるとともに全国にて活動中。 2013年ソロ名義初となるアルバム『Morro Do Urbana』をリリース。モーション ブルー横浜、名古屋ブルーノートにてリリースライブを行い大成功をおさめる。

尾崎あゆみ(Tp,Vo)
兵庫県神戸市出身。大阪音楽大学在学中、クラシック音楽を学ぶ傍ら、同級生らと 「スカポンタス」結成。2003年ビクターエンタテインメントよりメジャーデ ビュー、バンドの看板プレイヤーとなる。 キューバ音楽にも傾倒しており、2004年にはキューバ最大の音楽祭“CUBA DISCO”に招待され出演。2006年から拠点を東京に移し、現在はラテンジャズユ ニット“JAZZ BATA”をはじめ、様々なアーティストとのセッションを行ってい る。2011年JAZZ BATA1stアルバム『JAZZ BATA』、2015年JAZZ BATA Brazilian Jam『ENCONTRO』リリース。