MITCH
ストリート仕込みのエネルギッシュなトランペットとヴォーカル、老若男女すべての人々を楽しませるパフォーマンスから、彼のプロフェッショナルなエンターテイナーぶりをうかがうことができる。その場の空気を一変し、ニューオリンズにいるような錯覚を覚えるステージングには定評が有り、他のアーティストからのリスペクトの声も高い。自ら作ったBLACK BOTTOM BRASS BANDを離れ、単身New Orleansへ渡り、現地のミュージシャンと生活を共にし、New Orleans Ghetto系トランペットプレイヤーになった唯一無二の存在。

1993年大阪音楽大学在学中にBLACK BOTTOM BRASS BANDを結成。
MITCH個人では1996年~2000年までKBS京都、FM-COCOLO、FM滋賀でラジオのDJとしても活躍する。
1996年にポニーキャニオンよりメジャーデビュー。
国内外の様々なアーティストとの共演、ツアー、レコーディングに参加。
2000年、BLACK BOTTOM BRASS BANDを脱退し、単身New Orleansへ渡る。現地ではTREME地区(6th ward)を拠点にセカンドラインパレード、ブロックパーティー、Tuba Fatsとのストリートライブに日々参加し、地元のコミュニティーに深く溶け込んだ生活を送る。 Newbirth Brass Band, Lil'Rascals Brass Band, Russell Batiste Band, All Thatなど、各バンドのレギュラーメンバーとしてクラブ、ツアー、セカンドライン、葬式、ジャズフェスティバル等で演奏。Ghettoの黒人社会の中で様々な経験を積み、音楽の幅を広げ、タフさを身に付けた。 2000年以降、1年の半分はNew Orleansで生活する。
2002年 初ソロアルバム「MITCH」をリリース。 2003年 京都市芸術文化特別奨励者に選ばれる。 2004年春、公開の映画「この世の外へ~クラブ進駐軍」(阪本順治監督)では萩原聖人、オダギリジョー、村上淳、松岡俊介らとともに主演グループの1人に抜擢され映画デビュー。役作りのために短期間で体重を10kg以上減量し、麻薬に溺れて死んでいくジャズトランペッター浅川広行役を見事に演じている。
2007,2009年とNEW BIRTH BRASS BANDの日本ツアーに参加。
2008年 2ndアルバム「MITCH ORLEANS」をリリース。
2012年、NEW ERA BOWL(京セラドーム大阪)にて日米国歌演奏。
2013年、NHK土曜ドラマ「夫婦善哉」にトランペット吹きとして出演。
河内音頭 本家鉄砲節 鉄砲光丸師に弟子入り。音頭取り「河洲虎丸」としても修行中。