Nao Yoshioka
NY仕込みのパワフルなヴォイスと表現力、ヒストリーに根ざしながらもレイドバックと は異なるモダンなテイストを兼ね備えた現在進行形ソウル・シンガー。

デビュー前には単身渡米し、ニューヨークにあるソウル の殿堂アポロシアターで行われた「アマチ ュアナイト」で準優勝、日本人シンガーとしては異例のトップドッグまで勝ち上がり、 更にアメリカ最大規模のゴスペルフェスティバルでは 40,000 人の中からファイナリストに選出された経験を手に日本に帰国。

2013年にリリースしたファーストアルバム 『The Light』がスマッシュヒット。インディーズデビューにもかかわらず、累計8,000枚以上のセールスを記録。CMタイアップや FM802のヘビーローテーションにも選出さ れた。

そして2015年にリリースしたメジャー デビューアルバム『Rising』はグラミー賞受 賞アーティストのゴードン・チェンバースらが参加し、各ラジオ局でのヘビーローテー ションを獲得。SUMMER SONIC 2015やGREENROOM FESTIVALなどのフェスへも出演を果たし、2015年に行った12都市をまわる日本ツアー「Rising Japan Tour」でもその圧倒的歌声でファンを魅了した。

更に2015年7月に『The Light』で全米デビ ューし、ブルーノートニューヨークでの単独公演も行うと、2016年にはイギリスツアーを敢行し公共放送BBCにも出演し現地での単独公演も成功。6月にはソウルの本場アメリカで行われる大型フェス「Capital Jazz Fest」でレイラ・ハサウェイやマーカ ス・ミラーなどソウル、ジャズのレジェンド アーティストたちと並んで2万人規模のビ ッグステージに出演を果たすなど世界での認知度も大きく飛躍した。

そして2016年9月、1年半ぶりとなる新作 『The Truth』のリリースと、それに伴う東京、大阪、名古屋、福岡、北海道の五大 都市ツアーの開催が決定。東京でのツアーファイナルは自身の単独公演としては最大規模となる赤坂BLITZでの開催を控え、更に注目を集めている。