SAYAKA's Cuban Project
世界を旅するヴァイオリニストSAYAKAがお届けするキューバンプロジェクト in 福岡。
世界的ヒット映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のワールドツアーメンバーであるキューバ人歌手カルロスの美しい歌声、福岡サルサ界ではお馴染み、ダンサーそしてパーカッショニストとしても活躍のGENKIと共に、情熱的でダンサブルな一夜をお楽しみ下さい!

SAYAKA (violin) 父はクラシックの作曲家、母はピアノ教師という音楽一家に生まれヴァイオリンを始め、 桐朋学園大学入学。その後キューバに1年間留学し、アメリカやヨーロッパにて演奏活動 をする。’04年にはYanni世界ツアーにソリストとして参加、NYラジオシティーホール をはじめ世界約50カ所でのコンサートに出演。’09年操上和美監督映画「ゼラチンシ ルバーLOVE」(宮沢りえ他)にヴァイオリニスト役で出演。’09年夏にCD「Palma Habanera」メジャーデビュー。同年12月、日本キューバ外交樹立80周年記念コン サート出演のために政府より招待を受けキューバ公演を果たす。’13年バチカン国際音楽 祭、ローマ法王の名のもとによるミサにイルミナートフィルのメンバーとして出演。’15 年にキューバにて録音した通算6枚目のアルバムを発売予定。

Carlos Cespedes (vocal & guitar from Cuba)
キューバ生まれ。世界でヒットした音楽ドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシア ル・クラブ」のワールドツアーメンバーでもある。自己バンド”Traje Nuevo”、ハバナで 一斉を風靡した”Jovenes Clasico del Son”でも活躍。キューバの伝統的音楽「ソン」を ベースに現代的なハーモニーや現代キューバ音楽からラテンポップスなどの要素を取り入 れながら幅広いジャンルの音楽を作り続けている。身体全体から響く甘い歌声は多くの 人々を魅了している。

GENKI (dance, percussion & vocal)
11年にキューバ、12年にアフリカギニア共和国、13年より毎年スペイン・キューバに渡 りダンスと音楽を学ぶ。様々なジャンルの要素を取り入れた独自のサルサスタイルを築 く。キューバで最も人気のあるサルサバンドHabana d’ Primeraとも共演。地元鹿児島に てプロデュースしたワールドミュージック&ダンスイベントがドキュメンタリー番組に取 材され放映。現在は東京、九州を中心に全国各地で歌やパーカッション、ダンスパフォー マンスにより幅広く活動している。

柴 田 亮 太 郎
RYOTARO SHIBATA
<フラメンコギター講師>
マドリード、へレスに留学。ビセンテ・コルテスらに師事。フラメンコのソロや舞踊伴奏のほか、パルマアバネラなどラテン音楽や他ジャンルでも幅広く活動中。
1975年生まれ。
十代の頃よりギターを始める。
恩田正則氏にフラメンコギターを師事、のち渡西。
マドリードに留学。
ビセンテ・コルテスらに師事。
舞踊、歌の伴奏を学び、マドリッドで演奏活動を行う。
後、様々な公演に参加し、フラメンコ舞踊の伴奏を主に演奏。
のち再度渡西。
へレス・デ・ラ・フロンテーラに留学。
ホセリート・ガルベスらに師事。
帰国後、また様々な公演に参加し、フラメンコ舞踊の伴奏を演奏。
神奈川県在住。
【愛用楽器】
Andres D Marvi 2004制作