青木カレン 伊藤志宏 Duo
ジャズ・シンガー。
幼少から海外と日本を行き来し、慶応大学在学中本格的にアーティスト活動を開始。ジャズ専門TV番組のメインキャスト、ラジオのMCなども務める。2枚のアルバムがジャズ専門誌『ADLIB』の「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」でアワードを受賞。2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞受賞。2011年10月からNHK Eテレ「3ヶ月トピック英会話 歌って発音マスター!~魅惑のスタンダード・ジャズ編~」に看板ディーバ役として出演。2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。9月に発売された舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、同年末には映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。
2013年6月公開の映画「ガリレオ 真夏の方程式」の劇中歌を担当。同年秋、NHK土曜ドラマ「太陽の罠」の主題歌を担当。
2014年夏、上戸彩主演のフジテレビ系ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」のメインテーマ曲を歌唱。
2015年1月にアルバム「Eternal Melody」をリリース
2015年11月にマットダスクとのデュエットアルバム「ロストインリオ」をリリース。
2016年秋よりスタートするテレビアニメのオープニングテーマを歌唱予定。

伊藤志宏 Shikou Ito
ピアニスト、作曲家。14歳で東京交響楽団とベートーヴェン ピアノコンチェルト三番を共演し、音楽理論は慶応義塾経済学部在籍中に独学で学ぶ。
2000年以降プロとして多様な編成で独自の音楽活動を展開し、シンガーからは伴奏者、アレンジャーとして高い信頼を得る。「Shima&ShikouDUO」や「audace」、日本を代表するラテン・ジャズ・バンド「オバタラ・セグンド」への参加、また松浦俊夫 PRESENTS 「HEX」のピアニストとしてヨーロッパツアー2014に参加。 自己のピアノトリオやソロピアノ など、多様な編成での独自の活動を展開中。
2012年以降ソロ名義でコンセプチュアルな作品1st『LADIES & PIANOMAN』、初ソロピアノ作品2nd『ヴィジオネール』をリリース。2013年秋公開の映画『さよならとマシュマロを』の音楽を担当。2014年夏には3作品目となる、3人のチェロ奏者と奏でた伊藤志宏 3cello variation作品『タペストリア』をリリースし稀有な室内楽音楽として注目を集めている。