コジ・カナ・ポン
村上PONTA秀一(むらかみ ぽんた しゅういち)
1951年1月1日兵庫県生まれ。
1972年“赤い鳥”に参加し『美しい星』『祈り』『書簡集』に力演を残す。
その後は大村憲司らと五輪真弓のバックバンドを経て、スタジオ・ミュージシャンとして現在まで、井上陽水、渡辺貞夫、深町純、山下達郎、吉田美奈子、坂本龍一、矢野顕子、矢沢永吉、沢田研二、さだまさし、山下洋輔、泉谷しげる、EPO、角松敏生、DREAMS COME TRUEをはじめ、膨大な数のレコーディングやライヴに参加。その数ゆうに14,000曲を越える。
93年からリーダー・バンド“PONTA BOX”で活動し、音楽活動の節目の年には敬愛する共演ミュージシャンをゲストに作品を発表。
現在も年間200本超のライヴを行いつつサウンド・プロデューサーとしても活躍中。
ドラムライター:村田誠二記

小島 良喜(Yoshinobu Kojima) – Keyboards
1974年からスターキングデリシャス、桑名晴子with Baker's shopなどの サポートミュージシャンとしてキャリアをスタート。
1994年後半に渡米。ニューオリンズに拠点を置きバンド活動をする傍ら、 数々のセッションをこなす。
自身のトリオ「コジカナツル」の他、 多数アーティストのレコーディング・ライブサポートを行う。
2008年には初のソロアルバム『KOJIMA』をリリース。
【ライブ・レコーディング参加作品】
井上陽水、織田哲郎、KUWATA BAND、桑名正博、近藤房之助、THE BLUE HEARTS、SMAP、Char、 浜田省吾、福山雅治、前田亘輝(Tube) 他

金澤英明(かなざわ ひであき)
1954年 3月4日 札幌市生まれ
1977年  辛島文雄トリオでピットイン、新宿タロー等に出演。
       以後、  板橋文夫、本田竹廣、ジョージ大塚MARACAIBO等のグループで活動。
1984年~91年 ジョージ大塚WE THREEに参加。
          その間、東原力哉(ds)とTHE QUINTETを結成
1992年  阿川泰子のアルバム「LE CINEMA」と、そのコンサートに参加。
1993年  10月、渡辺貞夫カルテットで東北ツアーを行う
      12月4日、サントリーホールにて東京シンフォニーオーケストラのゲストとして渡辺貞夫氏と共に出演。
1994年  2月、ニューヨーク在住のピアニスト故HERMAN FOSTER3のメンバーとして、西日本ツアーに参加。3月、向井滋春J5に加わる。 同時に4月から日野皓正カルテットのメンバーとなる。
             7月、TOM PIERSON TRIOでレコーディングに参加。~「Tom PIERSON Ⅲ」(95/1/11)  
            10月、DUKE JORDAN TRIO でツアー&レコーディングに参加。「NO PROBLEM」(95/2/22)
1995年  5月、近藤房之助&THE DEEPEST POCKET のメンバーとしてツアーを行う。   
           12月、DUKE JORDAN TRIOで2度目のツアー&レコーディングに参加。「STRANGE FEELINGS」(96/4/24)
1996年  10月、自己のリーダー作「BASS PERSPECTIVE」(96/10/23 ) KING RECORDより発売。
1997年  2~3月、近藤房之助&THE DEEPEST POCKETのレコーディングに参加。「in a deeper pocket」(97/9/19)
1998年  3月、外務省の招きで故日野元彦氏(ds)のトリオでポーランド、ワルシャワでコンサートを行う   
           12月、「一万人の第九コンサート」(大阪城ホール)に日野Gで出演   
          同月、佐渡裕プロデュース、指揮による「聖夜の贈り物」      
      ~フルオーケストラとブルースの競演~に、近藤房之助、村上ポンタ秀一らと共に出演。 1999年  1月、伊賀上野「BLUES伊賀の乱」で総合プロデュース&出演。  
           10月、自己のリーダー2作目をHANK JONESを迎えてレコーディング。翌年1月発売。「HAPPY TALK」(KING RECORD)
2000年  6月、日野皓正ASIAN BANDで韓国ソウルにてコンサート。
2001年  3月、国際交流基金の文化事業により、日野QUINTETでインド、パキスタン公演。
       ニューデリーでは、インド西部地震救援のチャリティーコンサートに出演
     4月、同バンドでカンボジア公演。カンボジアの子どもたちのためのチャリティーコンサートに出演。
     同月、日野QUARTETで、ニューヨーク公演 近藤房之助&THE DEEPEST POCKET「Mo’Deeper Pocket」(01/4/1)
     近藤房之助THE PLACE「TAKE ME BACK TO THE BLUES」(01/11/14) に参加 2002年  ニューヨーク在住の横山静子(p)、田井中福司(ds)とレコーディング。Shizuko Yokoyama Trio「MY MOTHER」(02/2/21)
     3月、小島良喜(p)鶴谷智生(ds)と「コジカナツル」を結成。
    10月、国際交流基金の文化事業により、近藤房之助THE PLACEで、インド(ダッカ、デリー、ムンバイ)パキスタン(カラチ)公演。
2003年  3月、日野皓正QUINTETでレコーディング。 日野皓正「Here We Go Again」(03/7/2)
     4月、コジカナツルで初レコーディング コジカナツル「コジカナツル」(03/8/30)
     9月、日野QUINTETで、ラオス公演を行う。
2004年  4月、京都RAGでコジカナツルのライブレコーディングを行う。 kojikanatsuru「Live!」(04/9/15)
2005年  2月、日野皓正QUINTETに韓国の第一人者イ・ジョンシクを迎え、上海でレコーディング。 日野皓正「ドラゴン~龍~」(05/5/18)
     5月、コジカナツル+多田誠司(as)でレコーディング。 コジカナツル「kojikanatsuru+1 3 featuring多田誠司」(05/9/30)
     3月~日野氏が校長を務める「DREAM JAZZ BAND」(世田谷区の中学生によるBIG BAND)で講師として指導にあたる。
2006年  2月、「BLUES伊賀の乱 FINAL!」で総合プロデュース。日野皓正、 Charらと共に出演。
     3月、日野皓正QUINTETで韓国公演。
     同月、日野皓正QUINTETでレコーディング。  日野皓正「CRIMSON」(06/6/21)
2007年  コジカナツルのゲストにChar、桑名正博らを迎えライヴを行う。
     10月、三笠宮殿下主催の「愛のコンサート」に日野氏とともに出演。
     大坂シニアジャズBIGBAND(大人のアマチュアビッグバンド)の講師を務める
2008年  3月、ジャカルタのジャズフェスティバルに出演。
2009年  自己のリーダー3作目を発表 「春」
     12月、石井彰、石若駿と新作レコーディング(Studio TLive Records)3月発売予定。
     12月25日、日野皓正QUINTET退団! 
2010年 世間に遅れる事幾星霜、とうとうホームページ開設!(まあ、長続きはしないでしょうが)
     4月、札幌「時計台」、上野「旧奏楽堂」にて「春」コンサートを行う。
     4月7日「月夜の旅」(Studio TLive Records)発売
2011年  Boys in Rolls (2011年2月2日発売)
2013年  REFLECTION(リフレクション)2013年2月20日発売
2015年  KOJIKANAYAMAMINE (2015年2月発売)
現在、ソロ活動の他、コジカナツル、ジャズ、ブルース、クラッシックと幅広いジャンルの音楽家と親交を深め、また最近では、近くの小学校で子どもたちのためのコンサートを開いたり、中学生のBIG BANDの指導にあたるなど、精力的に音楽の活動を展開している。