藤原清登トリオ
藤原清登
高松市に生まれる。音楽家の両親のもと、ロック大好きサッカー少 年としてすごす。中学時代に従兄弟の影響でJAZZに開眼。
16歳でベースを始め、東京藝術大学音楽部教授、故今村清一氏に 師事。1974年に渡米。
バークリー音楽院を経てジュリアード音楽院卒業。同院にてニュー ヨークフィル主席コントラバス奏者ジョン・シェイファー氏に就いて学ぶ。
21歳、ホレスシルバークインテットにて米国デビュー、ツアーに 参加。 同年に米レーベルMuse及びStrataEastにクリフォー ドジョーダン、シャミークファラのアルバムでレコーディングデビ ューする。 その他共演者にはジャッキー・マックリーン、クリフォード・ジョ ーダン、ラシッド・アリ、サム・リバース、ジョー・リー・ウィル ソン、アーチ・シェップ、ウディー・ショウ、ジャッキー・バイヤ ードなど多数。
ジュリアードオーケストラの一員としてヨーロッパツアーにも参加 。またダンス、演劇、ファインアートなど他分野の進歩的な芸術家 とのコラボレーション。ジャズ、クラシックの境界のないジャンル で国際的に活躍する本格派としてN.Y.のヴィレッジゲート、ス ィートベイジル、ブルーノート、バードランドまたムジカオッジ (イタリア)、イントーンフェスティバル (オーストリア)フォートワースミュージックフェスティバル (テキサス)、フリージャズフェスティバル (アトランタ)など内外の音楽祭に出演。プロデュースとしては、9年目となる JAZZ ARTせんがわ が有名である。
1985年自己のグループ Manhattan Graffiti Four(ケニー・ギャレット、トーマス・チェイピンを含む)結 成以来現在までリーダーアルバム十数枚発表。その他参加アルバム 多数。 2000年スィングジャーナル誌ではベース部門で第1位に選ばれ 『モダンベースの王者』と呼ばれ親しまれている。
近年、日本でのCDリリース、コンサート活動も目覚しく、 洗足学園音楽大学にて後進の指導にもあたっている。

今村真一朗 / Pianist
大阪府豊中市生まれ。 3歳よりピアノを弾き始め、17歳の時に"Joe Sample"の生演奏に感銘を受け、ジャズを独学で学ぶ。
早稲田大学在学中よりプロとして活動を始め、向井滋春(tb) カルテットや、藤原清登(b)トリオに参加。
2008年『横浜ジャズコンペティション』 にてベストプレイヤー賞・グランプリ・横浜市民賞の三冠を獲得。
2010年には、瑛太、松雪泰子ら主演の舞台『東京月光魔曲( ケラリーノ・サンドロヴィッチ作)』にて、 カウントダウンライヴを務める。
自身のバンドでは意欲的な企画・アレンジメントを行い、 多方面の一流ミュージシャンとの共演を重ねている。
ファンキーでスイングするピアノ、 リリカルな音色が特色のピアニスト。

冨川政嗣 / Canopus Drums Endorser
香川県生まれ。20歳でドラムを始め1989年渡米、New York のDrummers Collectiveに入学、4年間学んだ後同校の講師に就任。
2002年の帰国までの間New Yorkを中心に数多くのLive, Concert, Clinic, Recordingに参加。帰国後は東京を中心にJazz, HipHop,Latin. Brazilianと幅広い音楽活動を行う。 また東京スクールオブオブミュージック、Canopus Drumsにおいて教鞭をとり後進の育成にも力を注いでいる。 Canopus Drums Endorser.