内山覚 NEO Quartet
内山覚(gt) http://satoru629mao.web.fc2.com
橋本芳(p) http://pianistar.wpblog.jp/home/
桑名英剛(b)
尾崎賢伍(ds) http://kengoozaki.jimdo.com

武蔵野音楽学院卒業後、渡米。1988年、バークリー音楽大学に入学し、ジャズギターを専攻。
在学中、『 ボストン・ミュージアム X’ m a s コンサート 』を3年間手がけ、好評を博す。
1991年、同校卒業後、帰国。『NEW COMBO』をはじめとする多数のJAZZスポットで演奏活動をスタート。2001年以降は、毎年 X‘masから年始にかけて渡米し、NYのライブハウスで多数の演奏活動を行っている。
2008年には、ドラムに、元ビル・エバンス(p)トリオの巨匠、Eliot Zigmundを迎え、初のフルアルバム『On the morningside』を リリース。
2009年 「ビルボードライブ福岡」にて、『内山覚カルテット』公演。1部、2部共にソールドアウト。
2012年には、セカンドアルバム 『NEO~melodies in the key of Creation』 リリース。1stアルバム参加のEliot Zigmund(ds)の他、ベーシストとして、中村 健吾(No Name Horses)、James Cammack (Ahmad Jamal)も参加。
2013年、自己のトリオバンド『Almost Blue』でジャズフェスティバル「Jazz Wave(韓国)」出演、 同年の「中洲JAZZ」には、ソロギターで出演する。
また、作曲家&ジャズピアニストとして活躍中の村井秀清(p)のライブにゲスト参加。
2014年には、藤原清登(b) I'll Catch the Sun from 東京の九州ツアーに参加、坂田明氏(sax)とも共演。同年の「中洲JAZZ」にも、藤原清登(b)トリオ+Andrea Centazzo(Per)と出演。
村井秀清(p)とは、『秀清・覚 ぶらりふたり旅 』と銘打ち、DUOでのライブツアーを行なう。
SMF「SAGAN MUSIC FESTIVAL」に、『内山覚カルテット』で参加。
2015年、村井秀清 Merged Images 『Impressions』発売記念LIVE TOUR 2015、九州ツアーに参加。
「中洲JAZZ」には、『内山覚カルテット』と『The KING FISH』の2バンドで2日間にわたり出演。
また、SMF「SAGAN MUSIC FESTIVAL」には、『橋本芳(pf)トリオ feat.内山覚』で参加。
現在も、九州内外での演奏・ライブで精力的に活動する傍ら、後進の育成にも注力している。

●メディア出演/日本テレビ系「24時間テレビ」(1995、1996)
●チャリティー/『バングラディシュの無医村へ病院建設支援チャリティーコンサート』(2014、2015)
●アルバム/ 『on the morningside』(2008/Almost Blue Records) 『NEO~melodies in the key of Creation』(2012/ Almost Blue Records)
●共演アーティスト/Eliot Zigmund(ds)、中村健吾(b)、James Cammack(b)、野瀬栄進(p)、 藤原清登(b) 、坂田明(sax)、Andrea Centazzo(Per)、村井秀清(p)、宮崎隆睦(sax)